脊柱管狭窄症はリハビリで改善できる~シャキッと腰の悩み解決~

手術を避けたい人に最適

男性

腹筋を鍛えよう

腰部脊柱管狭窄症と診断された場合の治療法は大きく2つに分けることが出来ます。それが、保存的治療と手術です。一般的には保存的治療が行われ、それで効果がなかった場合には手術となります。手術を避けたいという場合には、運動療法をリハビリとして取り入れることにより、腰痛の改善に繋がる可能性があります。自宅で行うことが出来る腰部脊柱管狭窄症に効果的なリハビリの方法としては、腹筋を鍛えるという方法があります。ただし、一般的な腹筋を鍛える方法では腰に負担がかかってしまうため、ドローイングという方法がおすすめです。息を大きく吸い、それを吐き出すように絞り出し、お腹を凹ませた状態をキープします。仰向けの状態で行うと腰の負担を軽減させることが出来ます。

無理はしないようにしよう

腰部脊柱管狭窄症のリハビリとして運動療法を取り入れる際には、無理をしないということが大切になります。腰部脊柱管狭窄症のリハビリで無理をしてしまうと、症状が悪化する可能性があります。急な激しい動きは腰に大きな負担をかけることになりかねませんので、ゆっくりとした動きを心掛けるようにしましょう。自分の出来る範囲で、少しずつ進めていくという事が大切です。腰部脊柱管狭窄症では、腰が反るような姿勢を避ける必要があります。腰が反ることを改善させるためには、腸腰筋という筋肉をストレッチすることが大切です。膝たちになり、片足を前に出し、背伸びをした状態で骨盤を後傾させることにより、筋肉を伸ばすことが出来ますので、おすすめです。

別の方法があります

医者

腰椎椎間板ヘルニアの治療には手術、リハビリ治療、薬物療法の他に、整骨院通い、食事療法なども挙げられます。前者に関しては200円で安く通えるところも現に存在しています。後者に関しては症状に効く成分を含んだサプリメントを摂取する方法が手軽に治療できるということで人気を集めています。

激しいめまいを伴う病気

肩凝り

メニエール病は内耳のリンパ液の異常を原因として起こる病気です。回転性のめまいや難聴が主な症状です。治療は薬物療法が中心となり、早期に治療を開始するほど完治率は高くなります。したがって、専門医への早めの受診が大切です。

今は完治は難しい病気です

病院

脳梗塞は長丁場な治療になるため、金銭的負担が増えることが考えられますが、高額医療制度や民間の医療保険等で軽減することもできます。また、脳梗塞は高齢に多い病気で、今後患者が必然的に増えますが、再生医療等が普及すれば健康な状態に戻すことができ、少しでも患者が減る可能性もあります。