脊柱管狭窄症はリハビリで改善できる~シャキッと腰の悩み解決~

今は完治は難しい病気です

病院

費用が軽減できます

脳梗塞の治療は完治が難しく、長年入院治療、薬物投与やリハビリ等が続くことから長丁場となっています。そのため、一旦脳梗塞にかかると治療費が何十万と飛ぶ可能性があります。ただし、1カ月に8万円以上医療費(自己負担額)がかかった場合は高額医療制度を利用すると8万円超えた医療費の分が返ってきます。ただし、所得によって遡及のラインが前後します。他に、発症前に民間の医療保険に入っておくと治療負担額が減ることもあります。大抵は持病がないことが保険加入の条件となりますが、脳梗塞の場合は急に発症するのが特徴です。したがって、発症した後医療保険に入ることが難しいですが、発症前の元気なうちに医療保険に入っていたとすれば、例え脳梗塞を発症したとしても条件次第では金銭的負担を減らすことが出来ます。

新たな可能性もあります

脳梗塞は高齢層ほど多い傾向にあります。わが国は高齢化が急激に進んでいることから、脳梗塞の患者も今後必然的に増えていくことが考えられます。しかも、本発症してしまった場合、現在の治療では完治することが難しく、死に至ったり何らかの後遺症が残ってしまうのも現状です。しかし、今や再生医療の活用が注目を集めつつあります。もし今後再生医療を活用することができれば、脳梗塞によって壊死した脳細胞を再生し、健康な状態に戻す治療が展開でき、患者も減らせる可能性もあります。また、治療の現場とは別に、脳梗塞によって死に至ったり後遺症がのこり、社会生活に支障が出ないためにも徐々に予防の動きがみられています。今後予防の動きが今より大きくなることも考えられます。